F1グッズ

2008年07月13日

小林可夢偉 グッドウッドでF1マシンをデモ走行

伝統のヒストリック・モータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」が、現地時間(以下、現地時間)11日から13日にかけてイギリス南部チチェスターで開催され、12日にはトヨタのサードドライバーを務める小林可夢偉がF1マシンでのデモ走行を行なった。
1993年に開始され、今年で16回目を数えるこのイベントに、トヨタは2002年より参加しており、昨年はトヨタ・モータースポーツ50周年を記念し、メインスポンサーとして大々的な展示を行なった。
7回目の参加となる今年も、トヨタ・モータースポーツの歴史を彩ってきた名車が参加し、集まった多くのモータースポーツファンにその勇姿を披露した。
また、トヨタは「F1ブース」でF1マシン関連の展示を行なうとともに、グッドウッド・テクノロジー・パビリオンで過去のコンセプトカーを展示。特設ステージでは2007年東京モーターショー出品車である、ひとり乗りのパーソナルモビリティの可能性を追求したコンセプトカー「i-REAL」によるデモンストレーションを行なうなど新しいモビリティの形を提案し、集まった観客の注目を集めた。
今年のフェスティバル・オブ・スピードには、ルマン24時間レースや世界耐久選手権で活躍したトヨタ『TS010』、WRCで1999年にマニュファクチャラータイトルを獲得したトヨタ『カローラWRC』、そして昨年の活躍も記憶に新しいF1マシン、トヨタ『TF107』がデモ走行に出場。
トヨタ『TS010』は鈴木利男氏、トヨタ『カローラWRC』はユハ・カンクネン氏、トヨタ『TS010』は小林がドライブし、トヨタ・モータースポーツの歴史を形作ってきた名車を観客にアピールした。
小林は「グッドウッドには今年初めて参加したが、たいていサーキットは広く場所が取られて、周りは砂(サンドトラップ)などに囲まれているので、こういった緑に近いところでレースカーを走らせる機会はなく、初めての体験だった。
また、観客の多さにも驚かされた。これだけの人がモータースポーツ、レースはもとよりクルマ自体に興味があるということにとても驚き、ヨーロッパでの自動車文化の深さというものを実感した。
僕は現在トヨタF1のサードドライバーとして、トヨタのモータースポーツ活動の一端を担っている。
今後もこういったヒストリックカーイベントに参加し、僕としても、歴史を作っていけるように頑張っていきたい」と感慨深く話していた。
 トヨタでWRC王者を獲得したこともあるJ.カンクネン氏は「今回は、オベ・アンダーソンへの哀悼の意を込め、黒い喪章の入ったクルマをドライブした。私としてはすばらしい友人を、本当に惜しい人を亡くしたというほかない。この場を借り、彼のご冥福を心よりお祈りする」と先月、不慮の事故で亡くなったトヨタの元チーム代表O.アンダーソン氏を偲んだ。
この日は、他にもHonda『RA107』がテストドライバーのアレクサンダー・ブルツにより、フェラーリ『F2007』がテストドライバーのマルク・ジェネにより、BMWザウバー『F1.06』がテストドライバーのマルコ・アスマーにより、デモ走行を披露。さらに数多くの新旧の名マシンが著名なドライバーの手でその勇姿を見せた。
[ISM]
posted by Ayrton at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。