F1グッズ

2008年07月25日

ヘレステスト3日目

木曜日のヘレステスト3日目は、レッドブルのマーク・ウェーバーが1分19秒175のファステストラップを記録した。
2番手にはコンマ2秒差でルノーのネルソン・ピケ・ジュニアが、3番手にはキミ・ライコネンが入った。
ウェーバーとピケの最速タイムは、2009年用のスリックタイヤを履いて記録したものだった。
2番手タイムを記録したピケだったが、彼はセッション中にコースオフを喫して壁に激突し、赤旗が出された。
ライコネンは今シーズン用のタイヤで走行し、4番手タイムを記録したフォースインディアのヴィタントニオ・リウッツィはスリックタイヤと新しいギアボックスを試した。
マクラーレンのペドロ・デ・ラロサは新しい空力をテストしたが、コースオフを喫して赤旗の原因を作った。
ドイツGPで大クラッシュを喫したティモ・グロックは事故以来初めてトラックに戻ったが、彼はコース上にクルマを止めて赤旗を出した。
ルーベンス・バリチェロも同様に赤旗の原因を作った。
ヘレス - スペイン 24 07 2008
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 M・ウェーバー レッドブル 01:19.176 85
2 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:19.334 95
3 K・ライコネン フェラーリ 01:19.434 84
4 V・リウッツィ フォースインディア 01:19.544 86
5 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 01:19.850 39
6 S・ボーデ トロロッソ 01:20.029 77
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.097 88
8 T・グロック トヨタ 01:20.421 78
9 R・バリチェロ ホンダ 01:20.614 68
10 N・ハイドフェルド BMW 01:20.896 97
[GPUpdate.net]
ラベル:ヘレステスト
posted by Ayrton at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。