F1グッズ

2008年10月05日

モータースポーツジャパン2008

 東京のお台場特設会場で4〜5日、国内最大級のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2008」が開催され、F1日本GP(10月12日決勝)を1週間後に控えたトヨタ、HondaのF1マシンがファンの目の前で迫力ある走りを披露した。
 F1日本GP直前の恒例行事として今年で3回目を迎えるこのイベントは、F1を始め、ラリー、SUPER GT、フォーミュラ・ニッポンなど国内外の4輪モータースポーツのマシン、ドライバーが集結。
デモ走行やトークショー、サイン会などでモータースポーツのすばらしさ、楽しさをファンが至近距離で味わえるチャンスとなっている。
 2日目の最終日となった5日は、小雨がぱらつく時間帯がわずかにあったものの最後まで天候は崩れることなく、多くのモータースポーツファンが詰めかけた。
注目のF1デモ走行は、トヨタのテストドライバー小林可夢偉からスタート。
ホイールスピンやドーナツターンを何度も繰り返し、最後にはリアタイヤの繊維が飛び出すほどの力走を披露した。
マシンを降りた小林は「間近でF1を見る機会はあまりないと思うので、すべてのコーナーを回りたかった。富士のグランプリでもF1のクルマが世界一速いところを見て欲しい。僕も(中嶋)一貴に負けないように頑張りたい」とファンに向けて語っていた。
 続いてHondaのジェンソン・バトンが登場。来日したばかりの疲れも見せずにマシンに乗り込んだJ.バトンは、途中でエンストするシーンもあったものの、消耗したタイヤを交換するほど気合い十分。
ステアリングから両手を離してドーナツターンをする離れ業も見せた。
走行後、J.バトンは「いつもF1が走る状況とは違うから、自分も楽しいし、みんなにも楽しんでいただけたんじゃないかな? 今日来てくれたみなさんには、Hondaだけ応援してほしい。ほかのチームはいいよ(笑)。日本は大好きだし、日本GPはHondaのホームだから楽しみにしている」と上機嫌で話していた。
 J.バトンの2回目の走行に続いては、トヨタのティモ・グロックがF1マシンに乗り込み、前の2人に負けない迫力ある走りを披露。
マシンを降りてファンの前に現れたT.グロックは「メカニックから、今日はF1が2台走るから勝ってこいと言われたけど、勝てたと思うよ(笑)。F1はなかなかファンの近くに行けないから、楽しかった。F1でドリフトできることがわかったので、来年もやりたい」とイベントに大満足の様子。日本GPに向けては「我々のホームだし、ここ数レースは調子がいいので、レースでいいところを見せたい」と意気込みを語っていた。
 イベントの締めくくりとなったグランドフィナーレでは、ウィリアムズの中嶋一貴がオープンカーでコースに登場。
この日は会場内のさまざまなステージでイベントに参加していた中嶋は、弟で全日本F3で活躍する中嶋大祐が隣でドライバーを務める中、ファンの声援に手を振って応え、「日本GPでは精一杯の走りをしたい」と活躍を誓っていた。
[ISM]
posted by Ayrton at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。