F1グッズ

2009年01月01日

ハミルトンに英女王から『勲章』授与へ

2008年、史上最年少F1チャンピオンに輝いたマクラーレン・チームのルイス・ハミルトン(23歳:イギリス)に、英国のエリザベス女王から勲章が授けられることがわかった。
授与されるのは大英勲章第5位に相当するMBE(メンバー・オブ・ブリティッシュ・エンパイア)と呼ばれるもので、今回同時に受賞が決まった自転車競技のクリス・ホイや水泳競技のレベッカ・アドリントンらに比べるとランクは劣ることになる。
同じ賞には日本人として俳優の真田広之さんが受賞(2002年)、また1965年にはロックバンドであるビートルズが受賞、当時国内で物議を醸した経緯がある。
なお、さらに上位の勲章で『サー』(ナイト)の敬称がつけられる叙勲を得ているF1関係者としては、フランク・ウィリアムズ氏やスターリング・モス氏、ジャッキー・スチュワート氏、ジャック・ブラバム氏などが挙げられる。
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。