F1グッズ

2009年01月09日

FOTA さらなるコスト削減案に合意

フォーミュラワン・チームズ・アソシエーション(FOTA)は、コスト削減をさらに進めるための“多数の重要な原則”に全会一致で合意したと発表した。
木曜の会合の後、FOTAは以下のような声明を発表した。
「FOTA実行委員会は、これまで進めてきたコスト削減の取り組みをさらに進めるべく、本日ヒースローで会合を行った。全メンバーが全会一致で多数の重要な原則において合意し、FOTAにおいて確立されたプロセスを支持した。
チームは、2009年に実施される包括的な空力テスト制限協定の詳細を検討した上でサインした。
さらにチームは、2010/12シーズンにおいて低コストのトランスミッションを開発、凍結することに合意した。このトランスミッションは6レース使用され、1チーム1シーズンあたり150万ユーロとなる。
FOTAは2010年からインディペンデントチームへのエンジン供給を500万ユーロで行うことを再度明言した。インディペンデントチームは、この取り決めに同意し、支持することを表明した。
FOTAテクニカルレギュレーション作業部会は、高価な原料を排除することに決め、パフォーマンスの差別化を生まないコンポーネンツおよびシステムのコストを削減するためのさらなる機会を特定する。
出席した全チームは、現在ホンダとしてエントリーしているチームへの支持を表明、いかなる名称変更の登録にも同意する。
全チームは、FOTAの枠組みの中で、F1に関するコストを効果的に削減すべく、合理的かつ組織的に、手を携えて取り組んでいる。
また、FOTA受託のマーケットリサーチの結果を受け、このスポーツの活発性を向上させるため、同様のアプローチをもってあたることとする」
[オートスポーツWEB]
posted by Ayrton at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。