F1グッズ

2009年01月11日

ルノー新車 クラッシュテスト不合格

ルノーの2009年型ニューマシンがクラッシュテストに不合格となったことが明らかになった。
しかし、今月19日の新車発表は予定通り行なわれる。
現地時間(以下、現地時間)9日、『ロイター』通信が伝えている。
ルノーのスポークスウーマンは「我々は問題を特定し、解決した。予定通りポルトガルでマシンを走らせることができるだろう」と語ったが、クラッシュテスト不合格となった原因など詳細は明らかにしなかった。
イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』(電子版)によると、ニューマシンはノーズとサイドの衝撃テストに不合格となり、1台分のシャーシが深刻なダメージを受けたと思われている。
なお、ルノーの新車『R29』は、ポルトガル南部ポルティマオのアルガルベ・インターナショナル・サーキットで合同テストに先立って1月19日に発表される。
各F1チームはレギュレーションの限界ギリギリの領域でマシン設計を行なうので、クラッシュテスト不合格は珍しいことではない。
ルノーは2005年シーズン開幕前にもクラッシュテスト不合格となったが、この年はフェルナンド・アロンソとともにドライバーズとコンストラクターズの両タイトルを初めて獲得している。
また、今季開幕戦オーストラリアGP(3月29日決勝)までには十分な改修の時間があると見られている。
ルノーは昨年、元王者のF.アロンソとともに2勝を挙げ、今季はF.アロンソ、ネルソン・ピケJr.のラインアップで3年ぶりのタイトル奪還を目指している。
[ISM]
ラベル:ルノー ルノーR29
posted by Ayrton at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。