F1グッズ

2009年01月27日

GPDA スーパーライセンス料金値上げに反発

F1スーパーライセンスの料金が今年再び値上げされるというニュースに、F1ドライバーたちが反発を示している。
BBCスポーツの報道によると、グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)は、F1統括団体であるFIAとこの件について話し合いを行うまでスーパーライセンスの更新をしないよう、メンバーに求めたという。
F1世界選手権を戦うために全ドライバーが必要とするスーパーライセンスの費用は、2009年に向けて9,430ポンドから9,798ポンドに値上げされた。
さらに、ドライバーの獲得ポイントに応じた支払金額も1ポイントあたり1,885ポンドから1,978ポンドに上がり、強制保険料として2,564ポンドも課金される。
FIAは、安全対策コストの上昇のため、値上げは必要だと主張し続けている。
GPDAは現在、フォーミュラワン・チームズ・アソシエーションに対し、来月の会議においてこの問題を協議してほしいとの考えでいる。
[オートスポーツWEB]
posted by Ayrton at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。