F1グッズ

2009年02月12日

ヘレステスト2日目

ヘレステスト2日目は、2008年用マシンをドライブしたセバスチャン・ブエミが再びトップタイムを記録し、2009年用マシンの中ではマクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンが最速だった。
ブエミはスリックタイヤを履いてレースシミュレーション等を行いながら143周を走行し、一方でコヴァライネンは2009年用マシンに2008年用のリアウイングをつけて走行した。
レッドブルのコックピットに戻ってきたマーク・ウェーバーは新車RB5でポジティブなペースを発揮し、83周のトラブルフリーな1日で全体で3番手タイムを記録した。
ウィリアムズの中嶋一貴は125周を走行して4番手タイムを記録し、ルノーのネルソン・ピケ・ジュニアはわずか45周の走行に留まり再び厳しい結果となった。
ヘレス - スペイン 11 02 2009
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 S・ブエミ トロロッソ 01:17.591 143
2 H・コヴァライネン マクラーレン 01:20.799 110
3 M・ウェーバー レッドブル 01:21.321 83
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:21.451 125
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.908 49
[GPUpdate_net]
ラベル:ヘレステスト
posted by Ayrton at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。