F1グッズ

2009年02月20日

バーレーンテスト4日目

バーレーンテスト最終日は、フェリペ・マッサがファステストラップを記録した。
マッサは113周を走行して1分32秒162のタイムを記録し、コンマ1秒差でニック・ハイドフェルドが2番手、ティモ・グロックが3番手となった。
木曜日はバーレーンテスト最終日となり、フェラーリ、BMW、トヨタの3チームが完璧なコンディションの下でテストを行った。
マッサは様々なセットアップをテストし、空力ソリューションやエンジン・ギアボックスの信頼性作業を継続して行った。
この日最大のトラブルは、テスト序盤にケーブルの故障でトラックサイドに止まってしまったことだった。
しかし、予定されていた作業の大部分は完了することができた。
ハイドフェルドはセットアップの評価やブリヂストンタイヤの評価を行い、午後はメカニカルトラブルの影響で2度コース上でクルマを止めた。
これまで完璧な信頼性を見せていたグロックにとっては厳しい
サクヒール - バーレーン 19 02 2009
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 01:32.162 113
2 N・ハイドフェルド BMW 01:32.225 122
3 T・グロック トヨタ 01:32.445 65
[GPUpdate_net]
posted by Ayrton at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。