F1グッズ

2009年03月10日

バルセロナテスト1日目

バルセロナテスト1日目は、ニック・ハイドフェルドがファステストラップを記録した。
今回のテストは2009年シーズンの開幕戦であるオーストラリアGPに向けて最後の公式テストだ。
トロロッソのセバスチャン・ボーデはSTR4の初走行を完了させ、ブラウンGPのジェンソン・バトンも初の公式テストに参加した。
セッション序盤には小雨が降り、ハイドフェルドのテクニカルクルーたちはピット周辺での作業を行うことを選択し、彼はBMWのメカニックたちとピットストップ練習を行った。
午後になるとハイドフェルドはこの日の最速ラップを記録し、1分20秒339のタイムで2番手のキミ・ライコネンにコンマ6秒の差をつけた。
フェラーリとライコネンはレースシミュレーションを行い、日が射して気温が15℃まで上がると良好なコンディションに助けられながらテストを行った。
トヨタのヤルノ・トゥルーリは再び一貫した1日を送り、3番手タイムを記録した。
久々にコックピットに戻ってきたバトンはブラウンGPの新車で初の公式テストを行い、印象的なパフォーマンスで4番手に入った。
新車にはリアダウンフォースを補うためのスプリッターがつけられていた。
ネルソン・ピケはルノーのR29マシンで5番手タイムを記録し、ボーデが6番手、レッドブルのマーク・ウェーバーがボーデからコンマ1秒遅れて7番手となった。
この日最多の127周を走行したエイドリアン・スーティルは8番手となり、中嶋一貴が9番手、マクラーレンのヘイッキ・コヴァライネンが10番手となった。
マクラーレンはブラウンGPのように新しいリアウイングをテストしたが、トップのハイドフェルドと2.6秒差をつけられて最下位となった。
カタロニア - スペイン 9 03 2009
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 N・ハイドフェルド BMW 01:20.339 92
2 K・ライコネン フェラーリ 01:20.908 80
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:20.937 118
4 J・バトン ブラウンGP 01:21.140 82
5 N・ピケ・ジュニア ルノー 01:21.662 125
6 S・ボーデ トロロッソ 01:22.158 96
7 M・ウェーバー レッドブル 01:22.246 115
8 A・スーティル フォースインディア 01:22.452 127
9 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:22.813 111
10 H・コヴァライネン マクラーレン 01:22.948 87
[GPUpdate_net]
posted by Ayrton at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。