F1グッズ

2009年03月19日

ヘレステスト4日目

水曜日もヘレスで居残りテストを続けているマクラーレンチームは、MP4ー24のペースを急速に改善させている。
この日はヘイッキ・コヴァライネンがステアリングを握り、1分18秒202のこの冬のヘレスで3番手タイムを記録した。
ほぼ完璧なコンディションとなった水曜日のヘレスは気温が21℃まで上がり、青い空に雲がかかる良好なコンディションだった。
来週のオーストラリアGPで予想されるコンディションに良く似ていたため、テストを続けるマクラーレンとウィリアムズにとっては非常に有意義なものとなった。
コヴァライネンのタイムは昨日のニコ・ロズベルグの2番手タイムや月曜日のフェルナンド・アロンソのトップタイムを上回り、79周を走行した彼はようやくペースが回復しつつあることを証明できた。
チームはリアウイングの下方中央部分を含んだ新しいパーツをいくつか評価した。
ウィリアムズの中嶋一貴は103周を走行して1分20秒014のタイムを記録し、コヴァライネンに1秒2の差をつけられた。
ヘレス - スペイン 18 03 2009
Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 H・コヴァライネン マクラーレン 01:18.202 79
2 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:20.023 103
[GPUpdate_net]
ラベル:ヘレステスト
posted by Ayrton at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | F1テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。