F1グッズ

2009年04月08日

マクラーレン 世界モータースポーツ評議会に招集

マクラーレンチームは、4月29日にパリで行われる世界モータースポーツ評議会に招集されることになった。
これにより、チームは2009年のワールドチャンピオンシップで制裁措置を科させる可能性が出てきた。
チームはオーストラリアGPで起きた一件でFIAの国際スポーティング規約に違反したと見られている。
FIAの声明文はマクラーレンが以下の罪にあたると述べている。
・2009年3月29日、チームはカーナンバー1のハミルトンとカーナンバー9のトゥルーリが共にセーフティーカーの後ろを走行していた際に、トゥルーリを先に行かせろという指示をハミルトンに出さなかったと、それが嘘であることを知りながらもオーストラリアGPのスチュワードに対して語った。
・チームは、スチュワードに嘘の証言を認めさせるために現ワールドチャンピオンのハミルトンを支援し、あっせんした。
・スチュワードに対する嘘の証言が他のドライバーやライバルチームに不公平なペナルティを科すことを知りながら、FIAに連絡することも他の手段を講じる事も無く、状況を是正しようとする努力が見られなかった。
・2009年4月2日、オーストラリアGPのスチュワードの前で行われた2回目のヒアリングの際に、3月29日の嘘の証言を是正しようとする努力が見られず、チームがハミルトンに対してトゥルーリを追い抜くように指示したことが無線で聞けるようになり、嘘の証言を正すチャンスがあったにも関わらず、この証言が正しいことを主張し続けた。
・2009年4月2日、2回目のヒアリングの際にも、チームは3月29日にスチュワードに伝えた証言が嘘であることを知りながらも、それを主張し続けるようにハミルトンをあっせんした。
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。