F1グッズ

2009年04月14日

道端ジェシカ&ジェンソン・バトン

人気モデルの道端ジェシカ(24)が13日、交際中の英F1ドライバー、ジェンソン・バトン(29)とツーショットで極秘帰国した。
2人は昨秋から交際をスタート。道端は豪州とマレーシアでバトンの開幕2連勝を見届け、約2週間ぶりの帰国。結婚についてはともにノーコメントだったが、笑顔で見つめ合うなどラブラブムードだった。
元FIドライバーのジャン・アレジ(44)と後藤久美子(35)に続く“セレブカップル”誕生となるか注目される。
世界中が注目するビッグカップルが午前7時過ぎ、成田空港に降り立った。
道端はバトンより2メートル先を歩いていたが、カメラマンにツーショット撮影をリクエストされ、堂々と接近。
「交際は順調?」「結婚する?」と聞かれ2人はノーコメント。
だが、道端は質問のすべてをバトンに英語で通訳し、そのたびに見つめ合い笑い声を上げた。
2人は、F1マレーシアGPの開催地・クアラルンプールからマレーシア航空機で成田へ。
道端は現地でバトンを応援していた。開幕連勝をブログで「couldn’t be happier!(こんなにうれしいことはない)」とつづった。
開幕戦の豪州GPから2週間以上バトンに帯同し、勝利の女神になっていた。
レース関係者によると、道端が2006年に雑誌の取材でモナコGPを訪れバトンと初対面。
昨秋に交際がスタートした。今年2月にロンドンでのデートを報じられ、サーキットでも周知のカップルだが、日本でのツーショットは初めて。今回は17〜19日に中国(上海)GPがあり、寄り道のような来日とい
道端はこの日、妹にバトンを紹介するなど家族ぐるみの付き合いだ。
道端はスペイン系アルゼンチン人とイタリア人のハーフの父と、日本人の母を持つハーフ(国籍は日本)。
雑誌「GLAMOROUS」の専属モデルとして、若い女性のカリスマ的な存在だ。雑誌連載やCM、テレビ出演、「サマンサタバサ」のバッグのデザインなど活躍の場を広げている。
バトンは2000年に20歳でF1デビューし、同年に当時の最年少記録で入賞。
06年に初優勝。
今季は新チーム「ブラウンGP」で2戦連続ポールトゥウイン。
F1界屈指のイケメンで、年収はチーム契約料やCM出演料を含め10億円以上と言われている。
“F1カップル”といえばゴクミとアレジ。
海を越え実らせた2人のロマンスは大きな話題になり、バトンと道端も続くのだろうか。
◆道端(みちばた)ジェシカ 1984年10月21日、福井県生まれ。24歳。3姉妹の次女で姉と妹もモデル。幼少からモデルを始め、専属の「GLAMOROUS」などファッション誌に多数登場。SEIKOの時計のデザイン監修、雑誌「Tarzan」の連載、テレビはTBS系「シネマ☆スタイル」(07〜08年)など。特技・趣味は映画観賞、ヨガ、写真撮影、語学。身長173センチ。
◆ジェンソン・バトン 1980年1月19日、英国生まれ。29歳。8歳でカートを始める。2000年にウィリアムズからF1デビューし2戦目に6位初入賞。BARホンダでは佐藤琢磨とチームメート。ホンダ時代の06年にハンガリーGPで初優勝。今季は撤退したホンダを引き継いだブラウンGPで、32年ぶりの新チームVに導く。通算3勝。モナコ在住。身長182センチ。
[スポーツ報知]
posted by Ayrton at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。