F1グッズ

2009年06月13日

コスワース 新規3チームと3年供給の契約

12日、FIAが2010年のF1エントリーリストを発表したが、その中に記載されていた新規3チームがコスワースエンジンを使用することが明らかになった。
この発表を受けて、コスワースは3チームと3年契約を結んだことを発表した。
コスワースは、カンポス、マノー、チームUSF1に対して、エンジンの供給と空力をはじめとした技術サポートを行う契約を締結。
「コスワースエンジンは2010年のF1レギュレーションに従い、継続的に技術を供給していく」としている。
コスワースのチーフエグゼクティブオフィサーであるティム・ロウティスは「コスワースの技術力をF1のソリューションとして供給することができることになり、非常に喜ばしく思っている」とコメントしている。
コスワースの名は、かつてF1界のほとんどのチームが使用した名エンジン、フォード-コスワースDFVで知られており、DFVから派生したエンジンシリーズで世界中のモータースポーツを支えてきた。
F1には2006年のウイリアムズへの供給が最後の参戦となっている。
[オートスポーツWEB]
posted by Ayrton at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。