F1グッズ

2009年07月01日

トヨタ F1日本GPの開催撤退

トヨタ自動車は傘下の富士スピードウェイ(FSW、静岡県小山町)で開催している自動車レースの最高峰、F1日本グランプリ(GP)を10年以降開催しない方針を決めた。
コスト削減が主な理由で、FSWが7月中にも発表する。
トヨタは00年にFSWを買収、約200億円を投じて改修し、07年からの開催にこぎ着けたが、わずか2回の開催で撤退する。
トヨタは10年3月期に2期連続の営業赤字に陥る見通しで、FSWでのF1開催とF1参戦について撤退を含め検討してきた。
「社業に近いスポーツ」(トヨタ幹部)であることから参戦は続けるが、FSWでのF1開催はトヨタの費用負担が1回あたり20億〜30億円といい宣伝効果などに比べて重いと判断した。
トヨタの初開催となった07年日本GPでは、自家用車の乗り入れを規制し、バスで観客をピストン輸送したが、大雨で場内の道路が陥没して一部観客がレース開始に間に合わないトラブルが起きた。
08年は場内の舗装などに約20億円を追加投入し、大幅な赤字となった。
信頼回復のためにも開催を継続すべきだとの声がトヨタ内にはあったが、コスト削減を重視した。
日本GPは、ホンダ傘下の鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)とFSWでの交互開催が決まり、今年は10月に鈴鹿で開かれる。
トヨタの撤退で今後、鈴鹿での毎年開催が有力になりそうだ。
【毎日新聞】
posted by Ayrton at 20:46| Comment(0) | TrackBack(1) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

富士スピードウェイ F1日本GP開催中止
Excerpt: すでに報道が繰り返された通り、来年以降鈴鹿サーキットとの間で隔年開催が予定されていた富士スピードウェイでの日本GP開催は、正式に断念されることが決まった。 同社では本日(7日)午後4時半より記者会見を..
Weblog: F1最高
Tracked: 2009-07-07 20:46
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。