F1グッズ

2009年07月04日

ブルガリア、2011年のF1開催目指す

トルコの隣国ブルガリアのBMF(ブルガリア・モーターサイクル連盟)ボグダン・ニコロフ会長は、2011年のF1開催に向け、FOA(フォーミュラ・ワン・アドミニストレーション)のバーニー・エクレストン氏と現在交渉中であることをあらためて認めた。
この計画については先に地元ブルガリアの『24 チャサ』紙が報じて注目を集めたが、今回はさらに英『ロイター』というメジャー・メデイアが伝えたことでより波紋を呼んでいるもの。
同国のASN(各国のスポーツ権能保持者)は本来、FBSA(ブルガリア自動車スポーツ連盟)ということになるが、今回の計画では4輪のF1グランプリに加えさらに2輪のモトGPも開催する計画であることから上記2輪の団体が関わっているものとみられる。
場所は既報のようにプレベン町北方に新しいサーキットを建設するというものだが、トルコでのグランプリが極端な集客難に見舞われていることもあり、実現に向けてはまだ幾多の曲折が予想される。
[FMotorsports F1]
ラベル:ブルガリア BMF foa
posted by Ayrton at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。