F1グッズ

2009年07月16日

セバスチャン・ブルデー、前戦ドイツGP限りでのチーム離脱が決定

トーロ・ロッソは現地時間(以下、現地時間)16日、チームのプレスリリースを通じ、セバスチャン・ブルデーが次戦ハンガリーGP(7月26日決勝)以降は参戦しないと発表した。
チーム代表のフランツ・トスト氏は、「セバスチャンが我々と過ごした2年目は、このパートナーシップが我々の期待に沿うものではなく、したがって世界選手権の次戦ハンガリーGPから彼を交替させる結論に至った」と事情を説明した。
チャンプカー・シリーズの4年連続チャンピオンの名を掲げ、昨年トーロ・ロッソからF1デビューを果たしたS.ブルデーだが、わずか1年半でチーム離脱となった。
なお、後任ドライバーは、ハンガリーGP前に発表するとのこと。
前戦ドイツGP期間中、S.ブルデー放出に関する噂がパドックで湧き上がり、代わりに現在レッドブルとトーロ・ロッソのリザーブドライバーを務めているジェイミー・アルグエルスアリがデビューすると見られていた。
もし、ハンガリーGPからJ.アルグエルスアリが起用されれば、19歳124日でのF1デビューとなり、F1史上最年少ドライバーが誕生する。
[ISM]
posted by Ayrton at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。