F1グッズ

2009年09月03日

鈴鹿F1日本GP地域活性化協議会が記者会見

鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会が3日、都内で記者会見を開き、約1ヶ月後に迫った日本GPに向けた取り組み内容を発表した。
「環境整備」、「おもてなし」、「PR」の3つの柱を立て、鈴鹿で行なった2006年の前大会よりも駐車場台数を増加、近鉄名古屋線や伊勢鉄道の臨時列車の増発、さらに鈴鹿市内で夜間に無料巡行バスを運行、近隣施設で割引サービスを実施、コミュニティFMで随時情報発信するなど様々な試みを取り入れ、3年ぶりに鈴鹿で開催される日本GPの成功を目指す。
鈴鹿市長の川岸光男氏は会見の席で、昨年5月に鈴鹿市の周辺市町、国、県、日本GP主催者の株式会社モビリティランド、交通事業者など計31団体からなる鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会を発足させたこと、日本GPは鈴鹿だけでなく三重の貴重な観光資源であることをアピール。
2006年の日本GPの経済波及効果は国内で293億、うち三重県内で119億に達していたことを明かした。
例年のF1開催時の課題として、アクセス整備、道路渋滞の解消、歩行者の安全確保、駐車場の確保、鉄道の混雑緩和、情報発信、地域交流などをあげ、それらの課題解決のために協議会を発足したと説明。
協議会発足後、はじめて迎える日本GPに向け、川岸市長は「協議会の取り組みはまだまだ十分なものではないが、この第一歩が2010年、2011年、その後の継続開催につながるものと確信している」と、今後も日本GPの歴史を作っていきたいとした。
モビリティランドの大島裕志社長は、各方面から協力を得られたことを、「鈴鹿でのF1開催は価値ある財産と認識していただき、日本の文化として認知されてきた結果だと考えている」と感謝の気持ちを交えてコメント。
また、先日、2010年の日本GP開催契約をFOA(フォーミュラワン・アドミニストレーション)と結んでおり、鈴鹿サーキットで2011年までの連続開催については、「今後3年をかけ毎年進化させ、ご来場いただく皆様の期待に応えるようにする」と語った。
鈴鹿サーキットでレースデビューを飾り、現役引退後は鈴鹿サーキットレーシングスクールの校長などを務める中嶋悟氏は、鈴鹿と・き・め・きモータースポーツ大使に就任している。
「鈴鹿への思い入れは多々数え切れないほどある」と語ると、F1開催時の鈴鹿周辺の混雑に対する感想として「僕としてはあの混雑が好きで、まぁいいじゃないかと思うところは半分くらいある(笑)。でも、年に1回のお祭りのために遠くから来る人が迷わないようにしてあげたい。今までの20回よりも21回目の今回、すばらしいレースの後も楽しく帰ってもらえるものと思っている」と協議会の取り組み内容に胸を張っていた。
日本GPに向けた取り組み内容は以下のとおり。
【1】環境整備部会:アクセス環境の改善
・幹線道路の整備(新名神高速道路の整備、県道神戸長沢線や汲川原橋徳田線の4車線化、国道23号線中勢バイパスの整備)
・推奨アクセスルートの紹介
・駐車場台数の確保(2006年の前大会より3,400台分増の合計26,000台)
・交通機関の臨時列車の増便(近鉄名古屋線 白子駅経由:合計18本、伊勢鉄道 サーキット稲生駅経由:合計34本増便)
・白子駅からシャトルバス専用のルートを一部設定
・稲生駅からサーキットまでの歩道を拡張し整備、主要駅からサーキットまでの歩行コースに誘導看板を設置、歩行ルートに仮設トイレ・ゴミ箱・仮設照明を設置
【2】おもてなし部会:ウェルカム事業を実施
・「F1マシン展示とアイルトン・セナ写真展」
9月29日〜10月4日 鈴鹿市内ショッピングセンターなどで開催
・「F1チーム関係者との交流(サッカー、ワークショップ)」
9月30日 F1チーム関係者と地元高校生との交流
・「F1マシンデモ走行」
9月30日もしくは10月1日(調整中) 鈴鹿市内をレッドブルのF1マシンが走行
・「周辺市町村学童ピットウォーク」
10月1日 周辺市町小学5・6年生約1,200人を招いてのピットウォーク
・「F1映画祭」
10月1日〜10月3日 各日午後7時 鈴鹿市内の映画館にて『F1グランプリ栄光の男たち』を上映(500円/回)
・主要駅や高速道路のSAやPAなどでアクセスマップの配布
F1開催当日のみ
・夜間市内無料巡行バスの運行および25店舗のサポートショップで飲食割引・サービスの実施
F1開催当日のみ
【3】PR部会:情報発信
・鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会の特設サイトでイベント告知やF1観戦に有益な情報を随時発信
・Suzuka Voice FM(今年3月に開局の鈴鹿市のコミュニティFM)でF1開催当日にリアルタイムで情報発信(道路情報、駐車場情報、場内イベント情報、レース結果、鈴鹿市内情報など)
[ISM]
posted by Ayrton at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。