F1グッズ

2009年09月05日

FIAがルノーを告訴

ルノーのフェルナンド・アロンソが優勝した昨年のシンガポールGPで故意のクラッシュがあったと疑われている問題で、FIA(国際自動車連盟)はルノーを告訴することを明らかにした。
現地時間(以下、現地時間)4日、『ロイター』通信が伝えている。
FIAは声明を通じ、今年のシンガポールGP(9月27日決勝)直前の9月21日の月曜日に、ルノーの代表者をフランス・パリで開かれるFIAの世界モータースポーツ評議会(WMSC)の臨時会議に召還することを発表した。
告訴内容については「2008年シンガポールGPで、チームはドライバーのネルソン・ピケJr.と共謀し、もうひとりのドライバー、フェルナンド・アロンソに有利になるように、セーフティカーを出動させることを目的とした故意のクラッシュを引き起こした」と説明している。
ルノーは「競技の公正または自動車スポーツの利益を阻害する性質を有する詐欺行為または不正行為」を対象とする国際モータースポーツ競技規則151条cに違反したと訴えられている。
2007年には、マクラーレン・メルセデスがフェラーリのデータを不正所有していたスパイ事件でこの条項に違反し、1億ドル(約93億円)の罰金と全コンストラクターズポイント剥奪の重い処分を受けている。
もし今回の件が有罪となれば、ルノーはF1世界選手権から追放される可能性もある。
これに対し、ルノーは簡潔な内容の声明文を発表し、WMSCの召還要請を受け入れたこと、公聴会前にはこれ以上のコメントをしないことを明らかにした。
F1史上初のナイトレースとして開催された昨年のシンガポールGPでは、F.アロンソが15番グリッドからスタートしながらも、自身約1年ぶりの優勝を獲得した。レース序盤には当時のチームメイト、N.ピケJr.がクラッシュし、セーフティカーが導入される場面があった。
F.アロンソはその直前に給油を済ませていたため、先頭に立ち、そのままトップでチェッカーを受けた。
今年8月、ルノーは10戦を終えてノーポイントと不振が続いていたN.ピケJr.を解雇し、新人のロマン・グロージャンを新たに起用した。
これに対しN.ピケJr.は憤り、ルノーのマネージング・ディレクター、フラビオ・ブリアトーレ氏を「死刑執行人」と非難していた。
さらに先週、N.ピケJr.の母国ブラジルのテレビ局が昨年のシンガポールGPに関する疑惑を報道していた。
なお、F1の商業面を支配するFOM(フォーミュラワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン会長は、先日、この問題が、Honda、BMWに続くルノーのF1撤退に繋がると警告していた。
[ISM]
posted by Ayrton at 20:44| Comment(0) | TrackBack(3) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ルノー 故意クラッシュを認める
Excerpt: ルノーは、現地時間(以下、現地時間)16日、昨年のシンガポールGPで故意のクラッシュを起こした不正工作を認め、これに関与したフラビオ・ブリアトーレ氏とパット・シモンズ氏のチーム首脳2人がチームから離脱..
Weblog: F1最高
Tracked: 2009-09-17 20:46

ルノー、執行猶予2年の永久出場禁止 F.ブリアトーレ氏はF1界追放
Excerpt: FIA(国際自動車連盟)は、故意クラッシュを認めたルノーに対し2年間の執行猶予付きの永久出場禁止処分を科した。 また前マネージング・ディレクターのフラビオ・ブリアトーレ氏には、ドライバーマネージメント..
Weblog: F1最高
Tracked: 2009-09-22 18:22

フラビオ ブリアトーレ氏勝訴
Excerpt: 現地時間(以下、現地時間)5日、フランスの裁判所が、FIA(国際自動車連盟)には権限がないとの理由で前ルノーのマネージング ディレクター、フラビオ ブリアトーレ氏に科された永久追放処分を覆した。 ..
Weblog: F1最高
Tracked: 2010-01-06 20:20
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。