F1グッズ

2009年09月28日

中嶋一貴(ウィリアムズ)、「次週の鈴鹿に向け調子維持」

8位入賞まであとわずか0.524秒という僅差でポイント獲得のチャンスを逃がしたウィリアムズ・チームの中嶋一貴は次のようにレースを振り返った。
「最終スティントでは前のクビサがグリップ不足に苦しんでいたので猛追したけれど、背後からはライコネンに攻め立てられたこともあって苦しかった。
とても難しいレースだったけど、自分のやれることはすべてやり遂げたつもり。
それだけに、1ポイントに届かなかったのは悔しい。
ただマシンの調子はいいので、これを次の鈴鹿まで維持したいね」
また表彰台を目前にしながらピットアウト時に白線を越えて痛恨のドライブスルー・ペナルティーを喫したニコ・ロズベルグは、「今日の結果はもちろんとても残念。
ブレーキングが遅すぎて、それで白線を越えてしまったんだ。
あのままなら2位にはなれたかと思うと、ほんとチームのみんなに申し訳ないと思っている」と、今回の結果を悔やんだ。
[FMotorsports F1]
posted by Ayrton at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中嶋一貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。