F1グッズ

2009年09月29日

ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・フィニッシュで今季2勝目

日曜日にナイトレースとして開催されたシンガポールGPの決勝レースで、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンが今シーズン2回目の優勝を果たした。ハミルトンはスタートから先頭に跳び出し、途中で出動したセーフティーカーの影響も受けず、ほとんどトップを明け渡すことなく最後まで走りきって優勝を果たした。チームメイトのヘイッキ・コヴァライネンは、7位でフィニッシュし、チームに貴重なポイントをもたらした。
ルイス・ハミルトン(決勝1位)
「ファンタスティックな週末が完璧な形で終わったね。レースは℃のドライバーにとっても肉体的にタフなものだったけれど、僕にとっては本当にとても大変なものだった。僕はいいスタートを切り、後ろにいるドライバーたちよりも長い第1スティントを走れることは分かっていた。だから、彼らとのギャップをあまり広げずにいることができたんだ。そのようにしてとてもうまくコントロールできたレースだった。チームは僕に、KERSに関する小さな問題を無線で伝えてきたけれど、僕はコクピットの中で何も問題がなかったし、KERSを単に切って、また入れることができた。そうしたら、その後はうまく動いてくれたよ。僕たちはいい結果を期待してここに北。そして僕はモンツァの最終ラップの不名誉を返上したかった。そして、それを成し遂げたんだよ!」
ヘイッキ・コヴァライネン(決勝7位)
「スタートからフィニッシュまで何の問題もなく、とても気持ちよく走れた。でも、もっと速く走ることはできなかった。僕はこのクルマで出きる限りのペースで走っていたけれど、タイヤのパフォーマンスを維持するのに少し苦しんでいたし、ペースを上げようとするとクルマの挙動がおかしくなるので、コーナースピードを上げることができなかったんだ。僕のこれからの目標は、クルマをもっと僕にとっていいものにすることだね。そうすればもっといい結果が出せると思う。チームとしては、今回のレースではポジティブなことがたくさんあった。まず何よりも、僕たちのクルマのパフォーマンスが週末ずっと素晴らしかったこと。そして、ルイスの勝利を見れば、そのパフォーマンスが確かにあったということが分かるね。でも、正直なところ、僕の週末は昨日の予選で台無しになってしまったよ。あの予選は僕にとってはとても不運だったんだ」
マーティン・ウィトマーシュ(チーム代表)
「今週末ルイスがしたことを“ファンタスティックな仕事だ”と表現するのが当然だと思っている。トラブルが少々出た金曜日の後、チームは金曜日の夜通しと土曜日の朝に懸命に作業をし、ルイスのクルマを完全に作り直してくれた。そしてその結果、彼は目覚ましいポールラップをたたき出し、そのまま今日の勝利を手にすることができた。このように、完璧なペースで走れた週末であり、ルイスは今日、立派に活躍した。チームとともに働き、彼はフロントからレースをコントロールすることができていた。一時はニコ(ロズベルグ)とセバスチャン(ヴェッテル)がプレッシャーをかけてきたが、我々は常に自信を持っていた。簡単に言えば、私は今回の彼の勝利を偉大な勝利だと考えている。ルイスにとってだけでなく、チーム全体にとってね。時間と戦いながら最新のアップグレードに必要なパーツを設計し、作製すること、そしてまたそれを正確に、確実に行うというのは、本当に卓越したことだ。実際、私はルイスに対してだけでなく、チームのどの部分をも誇りに思っている。ヘイッキについて言えば、彼は昨日の予選で不運に見回れたが、今日は10番手からのスタートながら、難しい状況の中、堅実なパフォーマンスを見せ、その結果としてチャンピオンシップのために貴重なポイントを持ち帰ってくれたのだ」
ノルベルト・ハウグ(メルセデス・ベンツ・モータースポーツ副社長)
「ルイスとチームのみんなによる、とびきり素晴らしいグランプリだった。ルイスはすべてを正しく行い、昨日はポールポジションを獲得して今日はレースに勝った。チームはルイスのために金曜日から土曜日にかけて夜を徹して新しいシャシーを作り、最高の仕事をした。そして、完璧な時間でうまく行ったピットストップを含む彼らの卓越した仕事が、今回報われたのだ。ヘイッキは7いでフィニッシュしたが、予選10位からではあれ以上のことは不可能だった。みんなよくやってくれた。ここシンガポールで行われた今日の非常に重要なナイトレースで、マクラーレンよりも多くポイントをとったチームはなかった。データがすべてを物語っている。これはマクラーレンとメルセデスのパートナーシップにおける60勝目であり、ルイスが優勝した2カ月前のハンガリーGPからここまでの5戦で、我々より多くポイントをとったチームもない。我々は、残り3レースとなった素晴らしいシーズンのフィナーレを楽しみにしている。今日、2位を獲得した、我々のドイツの同胞であるティモ・グロックとトヨタにおめでとうと言いたい。彼らは今週末ずっと強かった」
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。