F1グッズ

2009年10月14日

ウィリアムズ トヨタとのエンジン供給契約を今季限りで終了へ

ウィリアムズは、現地時間(以下、現地時間)14日にプレスリリースを通じ、エンジン供給を受けていたトヨタとの契約を2009年末で終了することを正式に発表した。
来季の搭載エンジンについては近日発表するとしている。
2007年よりトヨタとエンジンパートナー契約を結んでいたウィリアムズ。
しかし、今年の夏以降は、エンジン供給契約を前倒しで解除したい意向があることが報道されてきた。
チーム代表のフランク・ウィリアムズ氏は「チームとして我々が非常に困難な時期にあったときに、トヨタは2007年から2009年末までエンジン供給することに歩みより、同意してくれた。トヨタはとてもすばらしいパートナーであり、いつも私たちの独自性を尊重し、最高の技術製品を供給してくれた。このような大企業と働くことができたことを誇りに思うし、ケルンのトヨタチームからのサポートに感謝している。ここ3年間、我々のレースチームで一心に働いてくれたトヨタのエンジニアや技術スタッフへありがとうといいたい」と感謝の意を示した。
一方、トヨタ側も同日付けのプレスリリースで双方が合意に至ったことを伝えた。
TMG(トヨタ・モータースポーツGmbH.)会長兼チーム代表の山科忠氏は、「ウィリアムズF1チームとの協業はうまく進み、この提携により、お互いに利益を享受することができた。ウィリアムズの、別の可能性を探したいという申し出を重んじた。ウィリアムズの益々のご発展を祈ります」と述べている。
[ISM]
posted by Ayrton at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。