F1グッズ

2009年10月23日

セバスチャン・ローブのF1デビューは幻に

セバスチャン・ローブは、今シーズン最終戦のアブダビGPでトロロッソからF1デビューを果たすと噂されていた。
しかし、彼はFIAからスーパーライセンスをもらえなかったことに落胆していることを明らかにし、彼のデビューは幻となった。
ローブはこのようなチャンスは二度と来ないと予想している。
ローブのオフィシャルサイトによると、ローブがアブダビでF1デビューを果たせるようにあらゆる準備がなされていたが、彼はスーパーライセンスを受け取るために必要なF1マシンでの走行距離やフォーミュラカーでのタイトル獲得などの基準を満たしていなかったため、F1デビューを断念せざるを得なかった。
このニュースに落胆しているかと尋ねられたローブは次のように語っている。
「そうでもないよ。物事はなるようになるんだし、挑戦したことに悔いはない。きっと本当に楽しめたはずだから、残念だよ。(スーパーライセンスの)レギュレーションは非常に厳しいね。いくつかの条件に合っていなかったから、論理的にライセンスを許可されなかったんだ」

ローブはF1デビューに向けて入念な準備を行っていたことを認めている。
「アブダビでレースできるかどうかわからなかったけれど、首のトレーニングを懸命に行ったんだ。このようなチャンスを真剣に考えなければならなかったし、入念に準備を行った。F1はラリーよりも体力的にきついからね」
ローブにとって、レーシングドライバーとしてF1デビューを果たすという夢はこれで潰えたという。
「このようなチャンスは人生で一度しかないし、だからこそこの挑戦を受け入れたんだ。このようなチャンスをもう一度手に入れるのは非常に難しそうだから、もう一度F1デビューを果たすチャンスは来ないだろうね」
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。