F1グッズ

2009年11月15日

ブルーノ・セナ シート合わせに満足

先週の月曜日、ブルーノ・セナは来年F1でドライブすることになるクルマを初めて見た。
3度のワールドチャンピオンに輝いた故アイルトンの甥は、モータースポーツの頂点へ初めて上り、現在はシート合わせをしており、スペインのカンポスがセナを支えるチームとなる。
セナは、2008年のGP2チャンピオンシップを2位で終えたが、2009年のモータースポーツシーズンは散漫なものだった。
ブラウンチームのドライバーに選ばれず、ブラウンの決定を待つ間に他の機会も逃してしまったことが主な原因である。
セナは、ル・マン・シリーズにオレカチームで参戦し、F1でドライブするという野望を成し遂げた。
「クルマの開発がとても進んでいるのは嬉しい驚きだった」とセナは、カンポスの最初のF1マシンが作成されているダラーラの施設で発言した。
「クルマに乗り込んでシート合わせをしたから、ダラーラは僕にぴったりのシートを作ってくれる。僕の正確な身長や体型を考慮して成型されたシートは、2月に行われるF1のグループテストに参加するために、さらなる進歩となる」
2009年から、オフシーズンのテストを制限し、シーズン中のテストを完全に禁止するレギュレーションが実施されたが、このルールとカンポスがマシンの準備に要する時間を考えると、ブルーノは、コスワースエンジン搭載のクルマを実際にドライブするのに、年明けから1ヶ月待たなければならない。
「僕は以前、ダラーラで作成されたクルマでレースをしたことがあるから、彼らの作業の仕方や、経験、質の高さに全幅の信頼を置いている」とセナはマシンのコンストラクターについて語った。
「僕達は新規チームだから、序盤は確かに苦戦するだろうけれど、今の方向で作業を続けたら、ファーストシーズンで良いデビューを飾れるだろう」
[GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルーノ・セナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。