F1グッズ

2006年02月22日

佐藤琢磨「チームのために空想的な瞬間」

わずか8ラップの周回に終わったものの、21日(火)バルセロナ・サーキットでついにその第一歩を踏み出した『スーパー・アグリ・F1』の佐藤琢磨は、その感動を「チームのために空想的な瞬間だ」と、語った。
「これまでチームの全員が全力を尽くして働き続けてきたことを考えると、これはまさにチームのために空想的な瞬間だと言える。最初のインストレーションラップでは、とりわけ特別な感情がわき上がってきたね。マシンにはいくつかの問題があって、残念ながら今日は望んだだけの周回数をこなすことはできなかった。われわれのマシンはとても古いものをベースとしているし、現実を見なければならないけれど、しかし今日僕たちがここにいるということはバーレーンのグリッドにマシンを並べるための第一歩なんだよ」
[Nifty F1]
2006/02/21


posted by Ayrton at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐藤琢磨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。