F1グッズ

2009年12月18日

片山右京 富士山で遭難も無事救助



元ドライバーの片山右京は、雪で覆われた富士山から無事救助された。
悪天候に見舞われ登頂に支障をきたした右京は、同行者2人とともに遭難し、その後右京1人救助された。
1997年シーズン末にF1を引退した右京は、スポーツカーやGTレースに参加するかたわら、登山にも熱心に取り組んでいた。
しかし、今回の富士山への登頂は、2人の同行者の命を危険にさらすものとなってしまった。
フランス通信社によると、右京は標高2200メートル(8合目)付近を1人で歩いているところをレスキュー隊によって発見された。
ラルース、ティレル、ミナルディのドライバーを務めた右京と同行した2人は、宇佐美栄一さん(43)と堀川俊男さん(34)で、所属事務所「片山プランニング」の職員だという。
悪天候による強風でテントが吹き飛ばされ、右京は救助要請をした後1人で下山を開始し救助されたが、同行者2人はなお行方不明となっている。
「僕は大丈夫です」と右京は会見の席で語った。
「この度はご心配をおかけして申し訳ありませんでした。とにかく今は、2人の無事を祈るばかり。2人は何度もヒマラヤで長い夜を過ごした仲間であり、友達であり、(無事を)信じています」
[GPUpdate.net]


ラベル:富士山 片山右京
posted by Ayrton at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。