F1グッズ

2010年01月05日

ロベルト・クビサ ルノー残留へ

BMWからルノーへ移籍したロベルト・クビサは、ルノーチームの将来的な不安によりトラックデビューを前に他チームへ移籍するのではないかと噂されていたが、彼のマネージメントによると2010年シーズンもルノーに留まることが決定的だということだ。
財政的理由によりF1からの撤退が噂されていたルノーチームだが、ルクセンブルクのジェニー・キャピタルがチームの株式の4分の3を取得したことにより、今年もF1に参戦することが可能となった。
クビサのマネージャーを務めるダニエル・モレッリは、ジェニー・キャピタルの株式購入以前はクビサが2010年の開幕戦を待たずにルノーを離脱する可能性があったことを認めていた。
「我々は正しい方向へ向かっている」と、モレッリはBBCスポーツに語った。
「それに疑いようはないが、チーム内で誰が重要な役割を担っているのかを理解することが非常に重要だったのであり、シーズン中にクルマのアップデートを施す際の基礎となる資金についてももちろんそうだった」
モレッリは、自らとクビサがこの状況下でアドバンテージを得たり報酬の増額を要求したりすることがなかったと主張している。「我々が更なる報酬を要求したというのは完全に事実ではない。アドバンテージを得ることは我々の利益にならないからだ。我々はチームのための資金を望んでいる。そしてロベルトはパフォーマンスのよいクルマを望んでいる。もしドライバーが高額な報酬を手に入れても、クルマが弱かったりトラック上でのボーナスを失ったりすれば何の役にも立たないだろう。金を稼ぐことよりもポイントや表彰台を獲得することのほうがましなのだ」
[GPUpdate.net]


そういえば、ルノーって撤退してなかったんだね。
撤退する企業が多いけど、フジテレビが放送しなくなったらF1人気も一気に落ちるだろうな。
地上波が無くなったら、格闘技みたくCSでPPVとかになっちまうのかねぇ。


posted by Ayrton at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。