F1グッズ

2010年01月20日

小林可夢偉の同僚はデ・ラ・ロサに

19日(火)、BMWザウバーF1チームは同チーム2010年二人目のドライバーとしてベテランのペドロ・デ・ラ・ロサ(38歳:スペイン)を起用することを正式発表した。
同チームではすでに日本の小林可夢偉(23歳)の起用が決まっていて、これでベテランと新人という、ペーター・ザウバー代表が語っていた通りのドライバー・ラインナップとなった。
1999年に当時のアロウズ・チームからF1デビューを果たしたデ・ラ・ロサはジャガーやマクラーレンで2006年まで参戦経験があり、その後はマクラーレン・チームのテストドライバーとしてF1に関わってきた。
最高位は2006年ハンガリーGPの2位表彰台。
デ・ラ・ロサは、「F1でレースシートを失った後も、必ずもう一度復帰の機会はあると信じていた。
1993年の初挑戦以来、堅実な参戦を続けているザウバー・チームとペーター・ザウバー氏には敬意を持っている。
そのチームで僕が働けることを最高にうれしく思っているよ」と、語っている。
[FMotorsports F1]


デ・ラ・ロサかよ。


posted by Ayrton at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。