F1グッズ

2010年02月15日

FIA 新ポイントシステムなどを正式承認

現地時間(以下、現地時間)12日、『ロイター』通信が伝えている。
新ポイントシステムは、各レースの上位10名に1位から順に25-18-15-12-10-8-6-4-2-1のポイントを与えるもの。
すでに変更は合意されていたが、FIAの世界モータースポーツ評議会の承認が必要だった。
そして11日遅くに発行された新レギュレーションの中には、この変更も含まれていた。
昨年からのほかの変更点は、スタート時のマシン重量が発表されないことで、この条項はレギュレーションから削除されている。
今年はレース中の給油が禁止されたので、スタート時のマシン重量はどのマシンが最も燃費がいいかの目安を与えることになる。
また、給油禁止により今年はタイヤ交換がより重要となるが、FIAは「レース中のピットレーンでは、マシンのあらゆるパーツを持ち上げる動力装置を禁止する」と規定し、レース中はメカニックの力を介してマシンを持ち上げることが事実上義務付けられた。
シーズン中のテストは全面的に禁止されているが、昨年、引退中のミハエル・シューマッハが行なったテストについては様々な議論が巻き起こり、これに関する新たな規定も設けられた。
レギュレーションには「現行のレースドライバーのひとりが、過去丸2年間F1レースに出場していないドライバーと交代するとチームが申告する場合、選手権の次のイベント前の週のはじめと直前のイベントの間に1日間のサーキットテストが許可される」と記されている。
しかし、テストはF1サーキット以外で行なわなければならない。
[ISM]


25-18-15-12-10-8-6-4-2-1なのね。
忘れそう。


posted by Ayrton at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。