F1グッズ

2010年06月07日

マーク ウェバー、レッドブルと2011年まで契約延長

現在ドライバーズランキング首位のマーク ウェバーが、レッドブルと1年間の契約延長に合意したことが、現地時間(以下、現地時間)7日、チームから発表された。
これでレッドブルは来季もM.ウェバーとセバスチャン ベッテルのラインナップで戦うことになる。『ロイター』通信が伝えている。
2006年末にウィリアムズから移籍したM.ウェバーは、来季はレッドブルで5年目のシーズンを迎えることになる。
現在33歳のM.ウェバーは「僕たちは今年のかなり早い時期に話し合いを始めたし、バルセロナのグランプリまでにはサインする段階に来ていた。もう1年延長する判断は、お互いのものだった。僕がただ意味もなくF1に残ることに興味がないのはみんな知っているし、僕のキャリアのこの段階で1年を大事に過ごせることに満足しているよ」と喜びを表わしていた。
M.ウェバーの契約は今季限りで終了する予定だったが、チーム代表のクリスチャン ホーナー氏は「マークを残留させる決定は、かなり簡単なことだった。彼は我々のチームの重要なメンバーだし、現在は彼のキャリアの中で最高の状態にある」と契約延長の理由について説明した。
今季、レッドブルは開幕から7戦連続ポールポジション、3勝の活躍でドライバーズとコンストラクターズの両タイトルを獲得する可能性が高い。
M.ウェバーはスペインGPとモナコGPを連勝し、トルコGPでも先頭を走っていたが、終盤にチームメイトのS.ベッテルと接触し、自身の3連勝とワン ツーフィニッシュの望みを断たれてしまった。
両者は互いを非難していたが、去る3日にイギリスのファクトリーで対面し、誤解を解いている。
なお、この契約更新により元F1王者のキミ ライコネンが来季レッドブルからF1に復帰する可能性も断たれた。
昨年限りでフェラーリを離れたK.ライコネンは、今年はWRC(世界ラリー選手権)にレッドブルがスポンサーするシトロエンから参戦しており、来季レッドブルに加入するとの噂もあった。
[ISM]


posted by Ayrton at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。