F1グッズ

2010年08月04日

ミハエル・シューマッハ 次戦で10グリッド降格のペナルティ

メルセデスのミハエル シューマッハは、現地時間(以下、現地時間)1日の第12戦ハンガリーGP決勝でウィリアムズのルーベンス バリチェロを妨害したため、第13戦ベルギーGP(8月29日決勝)で10グリッド降格のペナルティを科されることになった。『ロイター』通信が伝えている。
レース終盤、R.バリチェロはフェラーリ時代のチームメイト、M.シューマッハを追い越し、10位入賞を果たしている。
FIA(国際自動車連盟)は声明を通じ、R.バリチェロが追い越しを仕掛けている間にM.シューマッハが「違法に妨害した」と4人のレース審査委員が裁定したと発表した。
これにより、ベルギーGPでM.シューマッハは予選順位にかかわらず10グリッド降格となる。
また、メルセデスはピットストップでニコ ロズベルグのマシンを危険に発車させたため5万ドル(約430万円)の罰金を科されている。
このピットストップではN.ロズベルグの右後輪が外れ、ピットレーンを跳ねまわる惨事となった。
ルノーも、ロバート クビサのピットストップで同様の違反を犯したため同額の罰金を科されている。
[ISM]


posted by Ayrton at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。