F1グッズ

2010年11月10日

小林可夢偉(ザウバー)、「今日は1ポイントでも十分」

日本GP以来、これで3戦連続で入賞を果たしたザウバー・チームの小林可夢偉だが、レース後「今日は難しいレースだったので、1ポイントでも十分」と、振り返った。
「10位というのは確かにグレートなものではないけれど、難しいレースだったことを考えれば1ポイントでも十分なものだと思うよ。
レースはハードタイヤでスタートしたんだけど、アンダーステアがひどくグリップ不足で順位を落とすし、ロングスティントを走り切るのはつらいものだった。
フレッシュタイヤを得てからはなんとか前を行くトロ・ロッソの2台をオーバーテイクすることができたんだけど、これだって決して優しいものじゃなかった。
1コーナーでオーバーテイクするためには、良いストレートスピードが必要なのに、ウチにはそんなものなかったからね」
これについて同チームのペーター・ザウバー代表も、「1ポイントは大きなものではないが、それを手にするためにカムイは非常にハードな戦いを強いられた。
みんながトラフィックで手こずる中、みごとなパフォーマンスだった」と、讃えた。
[FMotorsports F1]


posted by Ayrton at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。