F1グッズ

2010年12月08日

終盤不調のマーク・ウェバー、「肩を骨折してた」

今シーズン、終盤までタイトル争いの本命と目されながら最後に失速した感のあるレッドブルのマーク・ウェバーだが、実は肩を骨折していたことがわかった。
これはシーズン終了後になってウェバー本人が明かしたもので、それによればシーズン第16戦にあたる日本GP直前、母国オーストラリアで自転車による自主トレーニング中に、前を走っていた友人が転倒したのを避けられず、肩を骨折する事故になったものという。
骨折自体は軽微なものだったということだが、F1という過酷な状況でこれがドライビングに影響を与えたであろうことは間違いないと思われる。
実はウェバーは2008年のオフにもタスマニアでのトレーニング中に自転車事故に遭っていて、そうした意味で軽率のそしりは免れないようだ。
[FMotorsports F1]


posted by Ayrton at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。