F1グッズ

2011年07月20日

ザウバー、可夢偉&ペレスのコンビ継続を示唆

ザウバーのボス、ペーター・ザウバーは、2011年のチームのパフォーマンスに満足していることを明らかにした。
 2010年、BMWの撤退により厳しいシーズンを過ごしたザウバーだが、今シーズンはレッドブル、マクラーレン、フェラーリ、メルセデス、ルノーに次ぎ、コンストラクターズ選手権で6位につけている。
 チームを率いるザウバーは、Sonntagsblick紙のコラムに、「我々は、直接のライバルであるトロロッソ、フォース・インディア、ウイリアムズよりはるかに前をいっている」と記していると、F1SAが伝えている。
「特に前回のシルバーストーンのレースでは、明らかにルノーの前を走っていたし、メルセデスとは同等だったので満足している。タイヤにやさしいマシン造りが成果をあげている」
 彼はまた、チームが小林可夢偉とセルジオ・ペレスの走りに満足しており、ふたりのラインナップが今後も継続されると示唆している。
「可夢偉はリーダーシップの役割を十分に果たしており、セルジオも速さだけではなく、非常に一貫したレースをすることができると示した。こうした点では、将来に向けリラックスしている」
「全体的には、予選のパフォーマンスがまだ十分に引き出せてはいないが、今シーズンこれまでのところは良い仕事をしている」
「今年のチームはすべての点で昨年よりも安定しているので、そうしたことが上位へ前進する基礎となっている」
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。