F1グッズ

2012年01月24日

FIA リアクティブサスペンションシステムを禁止

ウィリアムズのチーフオペレーティングエンジニアを務めるマーク・ジランによると、FIAはリアクティブサスペンションシステムの禁止を金曜日の夜に全チームに通達したとのことだ。このシステムは、ブレーキング時にライドハイトを調整するシステムで、昨年11月にアブダビで行われた若手ドライバーテストでロータス・ルノーGPがテストしていたものだ。
ジランによると、チーム側は20日の夜にFIAから車高調整システムを禁止する通達を受け取ったという。「FIAはそのタイプのシステムを禁止することになった」と、ジランは語っている。「しばらくの間、そのタイプのシステムを調査してきた。クルマの空力プラットフォームに影響を与えるのは必至で、フロントのライドハイトを低くする全てのものが空力面で有利になるだろう」
当初、FIA側はこのシステムを承認し、フェラーリやメルセデスなど複数のチームが独自システムの開発を進めていた。FIAからの正式な発表はまだないが、システムの使用を検討していたチームに少なからず影響を与えるのは間違いないだろう。


posted by Ayrton at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。