F1グッズ

2012年01月25日

トヨタTS030ハイブリッド、ポール・リカールで公開走行開始

24日のお披露目から一夜明け、フランスのポール・リカールでは、2012年のル・マン24時間に挑戦するトヨタTS030ハイブリッドの走行がスタートした。
 トヨタ・モータースポーツGmbHが製作したシャシーに、新設計の3.4リッターV8エンジンを搭載、日清紡製キャパシタとデンソー/アイシンAW製モーターのハイブリッドシステムを備えるトヨタTS030ハイブリッドは、1月11日からの非公開シェイクダウンに続いて24日報道陣に公開。25日はテスト走行がお披露目された。
 気温9度ながら、おだやかな気候となった25日のポール・リカールで急遽予定を変更され8時40分からスタートしたテストでは、中嶋一貴がドライブしてピットアウト。ピットレーンではハイブリッドシステムにより、モーターだけでの走行を披露している。
 その後、一貴からアレックス・ブルツに交代してピットアウトしたが、再びピットロードではモーターで走行。ピットレーン途中でエンジンがかかるという光景をみせた。これは2007年に十勝24時間に参戦したスープラHV-R同様の光景と言える。
 この後TS030ハイブリッドは、一貴とブルツが交代しながら、現地時間18時まで走行予定。テストは27日まで行われる予定で、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンは3日で10000kmの走破を目指しているという。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 中嶋一貴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。