F1グッズ

2012年02月07日

ザウバーが新車「C31」を発表。段差ノーズに加えカラーリングも変更

 現地時間11時(日本時間19時)、ザウバーはF1合同テストの開幕を明日に控えるスペインのヘレス・サーキットで2012年型マシンの「C31・フェラーリ」を公開。マシンは、ペーター・ザウバー代表らチーム関係者が見守る中、サーキットのホームストレート上で小林可夢偉とセルジオ・ペレスの手によって披露された。
 公開された新車C31は、発表前に明かされていた通りフェラーリやロータスなど、すでに4チームで見られた段差ノーズのコンセプトを採用。フェラーリF2012を思わせる角張った段差とそこからほぼ真っ直ぐに伸びたノーズは、“カモノハシ”のようなスタイルの印象を受ける。
 また、マシンのカラーリングも、フロントとリヤが濃いグレーで覆われ、全体の印象はよりダークなマシンに仕上がった。
 2012年のザウバーは、チーム3年目のエース可夢偉と2年目のペレス、リザーブドライバーのエステバン・グティエレスと昨年と同じラインナップだが、マネジメント部門では、新車発表の2日前にテクニカルディレクターのジェイムズ・キーがチームを離れることが発表されている。
 チームはこの後、13時45分(日本時間21時45分)から、C31のシェイクダウンを兼ねたプロモーション撮影用のデモランを予定している。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。