F1グッズ

2012年02月27日

エキゾースト規制の抜け穴を発見したのはメルセデス

 FIA(国際自動車連盟)はF1のオフスロットル・エキゾーストブローに関する規制に抜け穴があると指摘され、これに対する対策を行うことを決めたといわれているが、この抜け穴を発見したのはメルセデスであると報じられている。
 2012年、FIAは空力上のメリットを生み出すエキゾーストブローを排除することを決めた。オフスロットルブローを禁じるために、テールパイプ出口の位置、角度、後端の形状が規定され、エンジンマッピングプログラムにおいても厳しい制限が設けられる。
 しかしあるエンジンメーカーがマッピングセッティングに関して抜け穴を利用される可能性を指摘したと先週報じられた。FIAはこのメーカーの協力を得て、抜け穴を利用される可能性を断つための対策に取り組み、エンジンマップを制御するF1スタンダードECUソフトウエアのアップデートバージョンを開幕戦前にリリースするといわれている。
 ドイツのAuto Motor und Sportの報道としてYallaf1が伝えたところによると、メルセデスのエンジニアが、スタンダードエレクトロニックソフトウエアを利用してオフスロットル・エキゾーストブローイングの効果を最大限に発揮させるための抜け穴を発見したということだ。
「FIAはソフトウエアの書き換えを行い、これに対応した」と記事には記されている。メルセデスが発見した抜け穴は、これを利用すると非常に大きな燃料消費を伴い、エンジンがダメージを受ける可能性があるということだ。
 しかしFIAの関係者は「慎重すぎるぐらい慎重に行動した」と述べているという。
 スペインのムンド・デポルティーボ紙のレイモンド・ブラカフォルトは、バルセロナテストでレッドブルのエキゾーストがシケインで奇妙な音を発していたとレポートしている。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。