F1グッズ

2012年03月21日

可夢偉「すごく嬉しい結果。傷ついた車で走っていた」

 2012年F1オーストラリアGPの日曜決勝で、ザウバーの小林可夢偉は6位を獲得した。
小林可夢偉 決勝=6位
「チームにとっても僕自身にとってもすごく嬉しい結果だ。開幕戦で6位でフィニッシュでき、素晴らしい形でシーズンをスタートできた。スタートの後、ブルーノ(・セナ)が僕の前でスピンし、あやうく彼にクラッシュしそうになった。ヒットせずに済んでラッキーだった。でもその時、セルジオ(・ペレス)は僕を避けられずに接触し、僕はレースの間ずっとダメージを負ったリヤウイングで走らなければならなかった。マシンのパフォーマンスが低下したし、かなり大変だった。それでも1周目を終えた時点でふたつポジションを上げていた」
「僕は、最初にソフトを2セット使い、最終スティントでミディアムコンパウンドを履くという、2回ストップ戦略で走っていた。2回目のピットストップはタイミングが悪く、僕がピットに入った直後にセーフティカーが出動した。その後は9位を走っていたが、最終ラップでパストール(・マルドナド)がクラッシュし、セルジオはニコ(・ロズベルグ)とバトルをしていた。それで僕が前に出て、6位でフィニッシュした」
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。