F1グッズ

2012年05月01日

ザウバー、英プレミアのチェルシーFCとスポンサー契約を発表

 ザウバーF1チームは、英国プレミアリーグの名門サッカークラブ「チェルシーFC」とパートナーシップ契約を結んだことを正式に発表した。
 チームは、先の中国GPでマシンのエンジンカバーに「Out of the Blue」の文字を掲げてビッグスポンサーとの契約を示唆すると、次のバーレーンGPでは、エンジンカバーの文字を「True Blue」へと変え、パドックの好奇心をさらに刺激した。
 こうした動きに対し、ヨーロッパの一部メディアは早くからチェルシーFCの名前を挙げていたが、契約は「True Blue」のマイレージサービス名称を持つアメリカ大手の低価格航空会社ジェットブルー航空が有力視されていた。
 しかし、ザウバーは30日(月)、ロシアの富豪ロマン・アブラモビッチが所有するチェルシーFCとのパートナーシップを発表し、「Welcome Chelsea FC」のロゴをエンジンカバーに掲げたマシンの画像を公開。チームは、このカラーリングのお披露目が次の第5戦スペインGPになると認めた。
「過去にこうした形のパートナーシップはF1とサッカーの間には存在していませんでしたが、我々には多くの共通性と考えられる相乗効果があります」と、ザウバーCEOのモニシャ・カルテンボーンはコメントしている。
「いずれにしても、我々は国際的なレベルで最高のチームスポーツです。ザウバーF1チームとチェルシーFCは、スポーツ面と商業面で同じトピックを持ちあわせており、互いにこの分野のエリアを強化したいと考えています」
「我々はこの機会を発展させることを楽しみにしています。また、チェルシーがチャンピオンズ・リーグの決勝に進出したこともお祝い申し上げたいと思います」
 一方、チェルシーのロン・グーレイCEOは次のように述べている。
「これはサッカークラブをF1チームと結びつけるこれまでにない革新的なパートナーシップだ。世界最大の2つのスポーツをまとめ、それぞれのファンを結びつけるだろう。 既存のチームで4番目に古い歴史を持つこのスイスチームがチーム自身の理想を完璧に表すものだと、我々は感じた」
「チェルシーがプレミア・リーグのチームとして20年目のシーズンを祝うこの1年を、ザウバーもF1チームとして祝うことになった。若い才能の育成から成功のための絶えまぬ努力は、それぞれの運営において多くの哲学を共有する。ザウバーの育成開発の哲学は、F1で最高のドライバーを何人も輩出してきた。これは、アカデミーを通して若いフットボール選手の才能を育成するという我々の献身を映しだすものだ」
「世界で最も魅力的な2つのスポーツを結びつけることが共通のビジョンだ。我々はザウバーF1チームと密接に働くことを楽しみにしており、残るF1シーズンでの彼らの幸運を祈っている」
 今回の契約により両社は、チームレベルにおいてビジネスおよび競技面のパフォーマンスを強化する相乗効果に取り組み、具体的には、マーチャンダイジングの企画販売とスポーツ科学における知識を共有するという。また、ザウバーのロゴはチェルシーFCのスタジアム広告のほか、インタビューボードなどにおいて掲出されることになると見られている。
 またチェルシーFCも、プレミア・リーグと比べてより国際的なF1のテレビ放映から多くの利益を得られるとしており、特にアジアや、セルジオ・ペレス(メキシコ)の活躍に沸くラテンアメリカのファンを取り込むことができるとしている。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。