F1グッズ

2012年05月30日

可夢偉「サスペンションにダメージを負った」

2012年F1モナコGPの日曜決勝で、ザウバーの小林可夢偉はリタイア、セルジオ・ペレスは11位だった。
小林可夢偉 決勝=リタイア
「すごくいいスタートを決めてセバスチャン・ベッテルと順位争いをしていた。だから彼のすぐ後ろにいられたかもしれない。ロメイン・グロージャンは最初イン側に行ったが、突然アウト側に戻ってきた。避けようとしたけれど、彼はブレーキをかけずに僕のリヤタイヤにヒットし、サスペンションにダメージを負わせた。4輪でなく2輪だったら大丈夫だったかもしれないけどね! その後走り続けるのはあまりにも危険だった」


posted by Ayrton at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。