F1グッズ

2012年05月31日

メキシコGP復活の気運、さらに盛り上がる

メキシコ経済界の重鎮であるカルロス・スリム・エルー氏の子息で、モータースポーツにも熱心なカルロス・スリム・ドミット氏がF1メキシコGPの復活に意欲をみせている。
それによれば同国のエルマノス・ロドリゲス・サーキットを大幅改修、早ければ2013年にも復活開催することでFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏と交渉しているというもの。
契約は5年間以上の長期になるという。
メキシコでは1992年のエルマノス・ロドリゲスを最後に開催が途絶えているが、同氏は『テルセル』等を通じてザウバー・チームのセルジオ・ペレスを支援。
そのペレスが活躍していることから気運が盛り上がっているとみられる。


posted by Ayrton at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。