F1グッズ

2012年08月07日

ザウバー、フェラーリと袂を分かつ可能性も

 ザウバーF1チームのCEO、モニシャ・カルテンボーンは、2014年以降もフェラーリエンジンを使用し続けるかどうか、まだ定かではないと語った。2014年からF1エンジンは1.6リッターV6ターボに変更される。
 フェラーリとのかかわりが深いザウバーだが、現在のエンジン契約は2013年末で切れ、それ以降のことは決定していないとmotorsport.comが伝えた。
「もちろん最初に今のエンジンパートナーと話をします。私たちには長い提携の歴史がありますし」とカルテンボーンはmotorsport-total.comにコメントしている。
「でも何も決まっていません。彼ら(フェラーリ)自身も状況についてそれほど明確には分かっていないと思います」
 クレイグ・ポロックが率いるPURE社は2014年に向けてF1エンジン計画を進めていたものの、資金面の問題により開発プロジェクトを停止している。現在F1に参戦しているコスワースは、エンジン規則が変更する前に撤退する可能性が高いと推測されている。そうであれば、ザウバーのエンジンパートナーとしての選択肢は、フェラーリ、メルセデス、ルノーの3社に限られることになる。
「私たちにとっては財政面の問題が非常に重要だということは明らかにしています」とカルテンボーンは述べている。
「エンジンに多額のお金を払うような時代に戻りたくはありません」
 一方カルテンボーンは、ザウバーがフォルクスワーゲンと提携するとのうわさを否定した。
 チームプリンシパルのペーター・ザウバーは、先月、フォルクスワーゲンの会長に会ったことを認めている。
「それだけのことです。他に何も言うことはありません」とカルテンボーン。
「今後さらに協議をする予定はありません」
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。