F1グッズ

2012年08月15日

F1新V6エンジンのテストが本格化

 2014年F1でV6エンジンを供給することが決まっている3メーカーが、新エンジンの本格的なテストに入っていると報じられている。
 F1は2014年からエンジンを1.6リッターV6ターボに変更する。エンジン規則変更に合わせてF1参戦を表明していたPURE社は資金面の問題により開発プロジェクトをストップしており、現在HRTとマルシャにエンジンを供給しているコスワースは新規則になる前にF1から撤退するのではないかとみられている。
 そのため、現在のところ新エンジンを供給することが決まっているのはメルセデス、フェラーリ、ルノーの3社となる。ドイツのAuto Motor und Sportの報道としてSPEEDが伝えたところによると、この3メーカーはV6エンジン開発プロセスにおいて「フェーズ2」に入った、つまり単なるプロトタイプでのテストの段階は過ぎたということだ。
「我々は今V6エンジンのテストをしており、プログラムはほぼ予定どおりに進行している」とルノー・スポールのロブ・ホワイトは最近コメントしている。
「2013年の間に“レース用”に仕上げていくことを目指している」
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。