F1グッズ

2012年08月19日

FIAも把握、フォルクスワーゲン・ザウバーが2015年から誕生か

 ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンが、2015年からザウバーとともにF1に参入する計画を立てていると報じられている。motorsport.comが伝えた。
 先月、ザウバーのボスであるペーター・ザウバーは、ジュネーブ・モーターショーで、フォルクスワーゲン会長のマーティン・ヴィンターコルンと会合を持ったことを認めた。
 これについてCEOのモニシャ・カルテンボーンは、「それだけのことです。他に何も言うことはありませんし、今後さらに協議をする予定はありません」と否定する発言を行っている。
 しかし、ドイツのスポーツ紙ビルトは、かつてBMWと組んでグランプリ優勝を果たしたザウバーと巨大自動車メーカーのフォルクスワーゲンが提携し、2015年からF1に参入する計画を立てていると伝えている。
 レポートでは、フォルクスワーゲンが重要な自動車市場と捉える中国、アメリカ、ロシアおよびブラジルでの存在感を強化することを望んでいるとされ、FIAもすでにフォルクスワーゲン-ザウバーの計画を把握しているという。
 またザウバーは、ドイツ・ヴァイザッハにあるポルシェ・モータースポーツ・センターでF1シャシーの設計に関与することを切望しているという。同紙は、フォルクスワーゲンが単にザウバーをF1参入の「踏み石」と位置づけているとの見方も伝えている。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。