F1グッズ

2012年08月29日

ザウバーC31は今季F1のベストマシンとの評価

 ザウバーの2012年F1マシン「C31」に対し、他チームから非常に高い評価が与えられている。
 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ザウバーC31は「おそらく今季F1の中でベストのマシン」であると述べた。
 セルジオ・ペレスは今季すでに2回表彰台に上っており、評価が高まったが、彼がタイヤをうまく使えるのはマシンがいいからだと、ジェンソン・バトンは述べている。
「“タイヤの使い手”はペレスではなくマシンだ」とバトンが語ったとmotorsport.comが伝えた。
「僕と彼がそれぞれ自分のマシンを走らせたら、僕らのタイヤの方はあっという間に終わってしまうだろう」
 チームプリンシパルのペーター・ザウバーは6月に、2012年のマシンC31はザウバーの歴史の中でベストのマシンであると述べていたが、最近再びBlickに対してその主張を繰り返し、本来なら勝てるはずだと語った。
「我々のマシンは非常に速く、ほぼどこのサーキットでもいいパフォーマンスを示す。我々には勝てる速さがあるのだ」とザウバー。
「本来ならもっとずっとたくさんのポイントが取れたはずだ」
 11戦終了時点でザウバーは80ポイントを獲得し、コンストラクターズ選手権6位につけている。
[オートスポーツweb]


posted by Ayrton at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | F1チーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。