F1グッズ

2012年11月04日

2012F1 アブダビGP 公式予選

Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1. uk ルイス・ハミルトン McLaren 01:40.630 15
2. au マーク・ウェーバー Red Bull 01:40.978 17
3. ve パストル・マルドナド Williams 01:41.226 22
4. fi キミ・ライコネン Lotus 01:41.260 20
5. uk ジェンソン・バトン McLaren 01:41.290 20
6. es フェルナンド・アロンソ Ferrari 01:41.582 17
7. de ニコ・ロズベルグ Mercedes 01:41.603 17
8. br フェリペ・マッサ Ferrari 01:41.723 17
9. fr ロマン・グロージャン Lotus 01:41.778 24
10. de ニコ・ヒュルケンベルグ Force India 01:42.019 16

11. mx セルジオ・ペレス Sauber 01:42.084 17
12. uk ポール・ディ・レスタ Force India 01:42.218 16
13. de ミハエル・シューマッハ Mercedes 01:42.289 14
14. br ブルーノ・セナ Williams 01:42.330 18
15. jp 小林可夢偉 Sauber 01:42.606 17
16. au ダニエル・リチャルド Toro Rosso 01:42.765 14
17. fr ジャン・エリック・ヴェルニュ Toro Rosso 01:44.058 9

18. fi ヘイッキ・コヴァライネン Caterham 01:44.956 11
19. fr チャールズ・ピック Marussia 01:45.089 10
20. ru ヴィタリー・ペトロフ Caterham 01:45.151 11
21. de ティモ・グロック Marussia 01:45.426 9
22. es ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT 01:45.766 8
23. in ナレイン・カーティケヤン HRT 01:46.382 9
24. de セバスチャン・ヴェッテル Red Bull no time 16

アブダビGP予選でチェッカーフラッグ後にクルマをコース上に止めたセバスチャン・ヴェッテルは、予選後にFIAがサプリングを行うのに十分な燃料を積んでいなかったとして予選失格処分となり、日曜日の決勝レースを最後尾からスタートすることになった。

ヴェッテルは予選Q3を終えた後のインラップでチームからクルマを止めるように指示され、ピットに戻ることができなかった。レギュレーション上、ドライバーは自らの力でピットに戻る必要があり、予選後の調査用に燃料を1リッター残しておかなければならない。しかし、ヴェッテルのクルマには850ミリリッターしか残っていなかったため、レーススチュワードはヴェッテルに予選失格処分を下した。

FIAは次のような説明文を発表し、ヴェッテルの予選失格について説明している。「スチュワードはドライバとチームの代表者から話を聞き、クルマが止まった理由をテレメトリーから割り出した。スチュワードは説明を受け入れ、今回の件を不可抗力だと判断した。しかし、技術部門から受け取った報告書によると、予選後の車両検査でサンプリングに必要な燃料量が不足しているとのことだった」

今年のスペインGPではルイス・ハミルトンが同様の件で予選失格処分を下され、ポールポジションから一転して最後尾からレースをスタートさせたことがあった。

今回の失格処分によりヴェッテルは日曜日の決勝レースを最後尾からスタートすることになり、チャンピオンシップを争うフェルナンド・アロンソにポイント差を縮める絶好の機会が訪れた。


posted by Ayrton at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | F1レース2012[TV観戦] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。