F1グッズ

2007年03月16日

F1オーストラリアGPフリー走行2回目

ドライ・コンディションで行われたオーストラリアGPのフリー走行2回目セッションは、早くも上位6台が1分27秒台という昨年のポールポジションを上廻るタイムを記録する中、マッサ&ライコネンのフェラーリ勢が1-2タイムを記録するという結果で終わった。
3番手はマクラーレンの新人ハミルトン、また4番手はルノーのフィジケーラ、さらにBMWザウバーのハイドフェルドと、早くもシーズン前の予想通りの4強が頭角を現した感だ。
注目のスーパー・アグリは最後に僚友デビッドソンにかわされたものの佐藤琢磨が13番手。
すでに昨年自身が記録した予選タイムを丸3秒以上短縮、本家ホンダのバトン(14番手)を上廻る勢いをみせている。(デビッドソンは11番手)
なおルノーの新鋭コバライネンは途中ストップしてイエローフラッグの原因に、そのすぐ後、アタックに入っていたホンダのバリチェッロはコースアウトして赤旗中断の原因を作っている。(軽くバリアにヒット)
好調なスーパー・アグリの一方で、カスタマーシャシー問題で注目されるスパイカーF1の2台は20-21番手と低迷。
あまり良い兆候ではない……。
Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time Laps
1 F・マッサ フェラーリ 1:27.353 32
2 K・ライコネン フェラーリ 1:27.750 33
3 L・ハミルトン マクラーレン 1:27.829 29
4 G・フィジケラ ルノー 1:27.941 33
5 N・ハイドフェルド BMW 1:27.970 27
6 A・ブルツ ウィリアムズ 1:27.981 31
7 F・アロンソ マクラーレン 1:28.040 25
8 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:28.055 29
9 R・クビサ BMW 1:28.281 26
10 D・クルサード レッドブル 1:28.495 23
11 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:28.727 28
12 J・トゥルーリ トヨタ 1:28.921 33
13 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:29.009 23
14 J・バトン ホンダ 1:29.066 30
15 R・バリチェロ ホンダ 1:29.542 12
16 R・シューマッハ トヨタ 1:29.574 26
17 M・ウェーバー レッドブル 1:29.801 11
18 H・コヴァライネン ルノー 1:30.097 10
19 S・スピード トロロッソ 1:30.383 28
20 A・スーティル スパイカー 1:31.108 35
21 C・アルバース スパイカー 1:31.175 32
22 V・リウッツィ トロロッソ 1:31.693 16
[Nifty F1][GPUpdate.net]
posted by Ayrton at 21:32 | TrackBack(0) | F1レース2007[TV観戦] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。