F1グッズ

2013年07月22日

小林可夢偉、モスクワでのF1デモランでクラッシュ

 小林可夢偉は21日、ロシア・モスクワで行われたイベント『モスクワ・シティ・レーシング』でフェラーリF60をドライブした。
 昨年までザウバーからF1に参戦していた可夢偉は今季、スクーデリア・フェラーリの一員としてWEC世界耐久選手権を戦っている。
 モスクワで行われた今回のイベントは、時折雨の降る不安定な天候のなかで開催。可夢偉は、フェラーリF60のステアリングを握り、今シーズン初めて公の場でF1マシンをドライブする姿を披露した。
 ただ、走行中に雨に見舞われ路面のコンディションが悪化。可夢偉はコース脇のバリアに突っ込む形でクラッシュを喫してしまった。
 幸い可夢偉に大きな怪我はなく、20分後にはスペアのマシンに乗り込みコースへと姿を見せると、クレムリンと聖ワシリイ大聖堂を背景に再び走行を披露した。
 デモランを終えた可夢偉は次のように語っている。
「このような重要なイベントで、スクーデリア・フェラーリを代表することができて素晴らしかった」
「コースはとてもスリッピーで、大きなバンプがあの場所にあったんだ。それでバリアにヒットしてしまった。残念だったけど、数分後にはチームが再びコースへ送り出してくれたことを嬉しく思っているよ」


posted by Ayrton at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小林可夢偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。