F1グッズ

2013年07月25日

ホンダ、アイルトン・セナの鈴鹿F1最速ラップを音と光で再現

ホンダは、クルマと人の豊かな関係を考える「dots(ドッツ)」プロジェクトの一環として、1989年のF1を戦ったマシン「マクラーレン・ホンダ MP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを元に、アイルトン・セナのドライビングを、音と光で楽しめるムービーを作成し、インターナビのウェブサイト「dots lab by internavi」内に公開した。
http://www.honda.co.jp/internavi-dots/dots-lab/senna1989/
このムービーの作成にあたっては、1989年のF1日本GP予選で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットの当時世界最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度や、エンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析し、世界最速ラップ1周分のエンジン音を再現。さらに、実際の鈴鹿サーキットのコース上にスピーカーとLEDライトを設置し、アイルトン・セナの最速ラップをエンジン音と光の演出で再現した。アクセル開度などのテレメトリーデータは、インターナビのウェブサイト上で動画として公開されている。これらのムービーはホンダの「Ayrton Senna 1989」プロジェクトの取り組みの一つとして作成された。
また、往年のホンダ車のエンジン音をiPhoneで気軽に無料で楽しめるアプリ「Sound of Honda」に、マクラーレン・ホンダ MP4/5のサウンドを25日(木)に追加。このアプリは、車載オーディオにiPhoneを接続することで車載スピーカーからエンジン音を聞くことができるほか、iPhoneの加速度センサーなどで感知した情報を元に、クルマの走行状況に応じて音が変化する。


posted by Ayrton at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダF1[Honda F1] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。